ノンシリコンシャンプーは界面活性剤や防腐剤が含まれていません

シリコンシャンプーはダメージを与えやすい

頭皮の乾燥に悩まされるようになってきたり、抜け毛の量が増えてきた場合の原因の一つは、もしかすると普段使用しているシリコンシャンプーかもしれません。長年使い続けていると、頭皮や毛髪に受けてきた刺激が頭乾燥やフケ、痒み、抜け毛や薄毛という形で表面化した可能性があります。シリコンシャンプーには界面活性剤や防腐剤、合成着色料、香料のようなダメージを与えやすい成分が多く含まれています。ですので、敏感肌の人には使いづらいですし、普通肌の人にとってもあまり良いものではありませんので、ノンシリコンシャンプーがお勧めです。

 

ノンシリコンシャンプーの魅力

ノンシリコンシャンプーは、大体アミノ酸で作られていることが多く、頭皮や毛髪にダメージを与えるようなことがありません。界面活性剤や防腐剤、合成着色料、香料も使われていませんし、アトピー肌や敏感肌の人たちも安心して使用することができます。洗浄力やツヤ、潤いはシリコンシャンプーの方が高いですが、それらの要素は全て界面活性剤などの成分で出来ているものですから、最初は違和感があってもノンシリコンシャンプーを使い続けていただきたいです。そうすると、次第に頭皮と毛髪がダメージに強くなり、健康になっていきます。